腰の手術

ハンドマッサージ中

椎間板ヘルニアになると、激しい腰痛と下半身の痺れが起こります。症状の酷い人になると、歩けないほどの痛みを伴うこともあるくらい辛いものです。 外科手術を受けることなく、この辛い椎間板ヘルニアから解放される方法として、レーザー治療があります。 椎間板ヘルニアのレーザー治療費は何十万円もかかるので、決して安いとは言えませんが、長年に渡り椎間板ヘルニアに苦しめられてきた人が、レーザー治療を受けたら嘘みたいにラクになったと喜びの声をあげています。 病院によっては、予約待ちが少なくて、すぐにでも治療を受けることのできるところもあります。人気がないからという訳ではなく、高度な医療機器を備えていて、検査の時間も短縮できるからというのが、その理由です。 レーザー治療は、椎間板ヘルニアの救世主とも言えるのです。

椎間板ヘルニアの治療として、PLDDレーザー治療が注目されています。 PLDDレーザー治療ですと、麻酔は局所麻酔で済みますし、施術時間もわずか15分ほどで終わるようです。 手術が必要と言われるほどの椎間板ヘルニアの状態であるにも関わらず、手術のリスクを考えるとなかなか治療に踏み切れない人は、このPLDDレーザー治療が適しています。他にも、椎間板ヘルニアによる腰痛など、症状の範囲が限られているけれど既存の治療で改善しないという人にも有効な治療として注目されています。 しかし、PLDDレーザー治療は、全ての椎間板ヘルニアに効くという訳でもなく、一部のヘルニアでは全く効果を感じることができない場合もあるようですし、保険適応でもありませんので、医師とよく相談することが成功の秘訣です。